fiestamos

YUi@Barcelona 美味しいタパスが食べれるバルをはじめ、人気のローカルショップやスポットなど、スペインについてあれこれ書いてまっす。

一度は行ってみた〜いっ!ローカルイベント in Barcelona

¡HOLA! Yuiです。

夏といえば、みんなは何を思い浮かべる?海?BBQ?花火大会?

私はやっぱり、ビールとフェスだな。

「パーティーアニマルかよっ!」っと思わずツッコマレそうですがw

いや、でもほんとに、夏のビール程おいしいものってなくない?

そこにミュージックなんか加わったら、最高じゃあないですか。

 

そんな、夏の浮かれ気分上々な私をうまい具合に虜にしてしまったイベントがあったんですよ。

その名もLA FIRA DEL POBLENOU

La Fira del Poblenou – Fira de cerveses artesanes

バルセロナの発のクラフトビールをはじめ、スペイン国内はもちろんのこと、アメリカや北欧など、他国のクラフトビールまでもが味わえちゃうイベント。

 

 

f:id:Yueta:20170711034143j:plain

Parc del poblenouという、La Barceloneta(ラ バルセロネタ)のビーチから30分くらい歩いた所にあるパークで行われたこのビールフィエスタ。

金曜日の夕方から日曜日までの3日間のイベントだから、仕事が終わったあとや、週末の予定にまさにピッタリ。

 

 

f:id:Yueta:20170711034139j:plain

まずは、グラスを€3.5で購入。

このグラスと共に、飲みたいビールのスタンドを探る。

スタンドによって値段は様々だけど、大体どこも€2-€3くらい。

普通にバーでハーフパイント(230mlくらい)を頼むと、安い場所でも€3はするから、お財布にも優しいお値段。

 

 

f:id:Yueta:20170711034156j:plain

[ La Quience ]

第1杯目に選んだのは、素敵なスマイルが輝くこちらのアニキのビール。

なんと、マドリッド発のビールではありませんか!

と言うのも、マドリッドはバルセロナに比べると、まだあまりクラフトビールの文化が盛んではないイメージ。

もちろん、めちゃうまなクラフトビールあるけどね!

ちなみにこのスタンドでは、LLIPA!という名のIPAを飲んだよ。おいし〜っ!

La Quince Brew wild

 

 

f:id:Yueta:20170711034144j:plain

[ Nøgne Ø ]

お次に選んだのが、ノルウェー発のこちらのスタンド。ノルウェー語で読めませんw

ワインベースのビールを頼んだんだけど、正直私にはちょっと味が強すぎて飲みきれなかった・・・でもビール大好きのミゲルは、うまいうまいと言いながら完飲しておりました。

しかも驚きなのが、ヨーロッパで初めて酒醸造所をつくったというこちらのブランド。

その名も「裸島」

このスタンドでも、ビールと一緒にしっかり売られていたよ。

この笑顔がまぶしすぎるアニキは「水みたいに飲みやすいから、飲みすぎちゃうんだよね〜!」っと、ジョークまじりに絶賛しておりました。

酒が世界に知れ渡るのは、日本人としてはうれしい限りでござる。

www.nogne-o.com

 

 

f:id:Yueta:20170711034223j:plain

お次に選んだのは、まさにこのビールフィエスタで今年大賞を受賞した、バスク地方発のビール。

スタンド内は優勝カップならぬ、優勝グラス(この写真に写ってるやつ、遠近法ではなく等身大でデカイ)とメダルで大いに賑わっておりました。

先の二人に負けず劣らず、これでもかって程の笑顔をふりまいてくれるアニキが注いでくれた、今年1番に輝いたビール。もちろん、おいし〜っ!

basquebeer.com

 

 

f:id:Yueta:20170711034225j:plain

こちらはラズベリーとかをベースにしたフルーティーなビールで、ビール特有の苦味が全然なくて、酸味が効いてるのが特徴。

色も写真そのままで、情熱のレッド。

ビールが苦手で飲めない人や、女性に人気があるであろうなと思います。

他にもサングリアをベースにしたビールとか種類がたくさんあって、どれもこれも試してみたくなっちゃうのは言うまでもありませんね。

 

 

f:id:Yueta:20170711034237j:plain

つまみなしにはビールなんて飲めない〜!そんな人もご安心ください。

フードトラックも何台かあって、ハンバーガーからタパスまで、ビールが進んじゃうフードだらけ。

屋根付き、巨大扇風機完備のテーブルとベンチも用意してあるから、ゆっくり座って飲み食いもできちゃいます。

友達とみんなで1テーブル囲んでワイワイするにも絶対楽しいはず。

フェスと呼ぶほどではなく規模は小さいものの、DJがいていいミュージック流れてるから、心地よくて思わず時間を忘れてしまう、そんな素敵なイベントでした。

 

 

 

スペインの中でもクラフトビール文化が一番進んでいるバルセロナ。

このイベントの主催かはわからないけど、3ヶ月に1回くらいはクラフトビールのイベントがどっかしらで開かれてるので、もし見つけたら絶対行ってみるべし!

私も情報入手したらツウィートしときまっせ。

 

 

 

Instagram: @fiestamos

Twitter: @yuispain

 

 

 

 

日本食への恋しさを吹っ飛ばす!スペインの○○たち

¡HOLA! Yuiです。

先日ふと「あ〜納豆が食べたい。」と思って、日本食の売ってるお店に行こうと思ったんだけど、ちょっとそのお店家からは遠くて、この暑い中30分も歩くのは嫌だなと思い断念した私です。w

 

ところで、私は今までにスペインを含めて4ヶ国に住んだ経験があるんだけど、どこの国よりも断然食文化が優れているのがスペイン。

日本でもスペイン料理って美味しいってイメージあるよね。

代表的なところだと、パエージャ(スペイン語ではパエリアとは発音しないよ)とか、アヒージョとかかな?

こうゆう名の知れてる料理はレストランやバーなどで食べれるけど、毎日外食することなんてできないし、健康的なことを考えるとしようとも思わないよね。

そうなると、やっぱり納豆みたいに家で食べられるものが欲しくなる。

ということで今日は、スペインのスーパーで買える、スペインならではの食品について話していきます。

 

 

 

f:id:Yueta:20170705154439j:plain

Gazpacho(ガスパチョ)

日本でもよく知られているはず、冷製トマトスープ。

暑〜い夏にキンキンに冷えたのを飲むのがとっても美味しい!

スペインではこんな風に、パック詰めの3個入りとかで売られているんです。

大体どこのスーパーも3種類くらい置いていて、Suave(スアベ)=ソフト って書いてあるのはきゅうり抜きだったり、オリーブオイルを多めに使っているものなど、材料の容量を少し変えてあるものなどがあるよ。

ちなみにこのサイズはコップ一杯分だから、使い勝手も最高。

量をたくさん飲みたい人は、普通の牛乳パックのサイズのものを選ぶのがオススメ。

 

 

f:id:Yueta:20170705154451j:plain

Huevas cocidas de merluzas(ウエバス デ メルルーサ)

メルルーサは太平洋・大西洋に生息する深海魚で、日本の魚で言ったらスケトウダラに似ている感じ。

Huevas de merluzasとはメルルーサの卵のことで、cocidaとは調理済みって意味。

一見魚肉ソーセージのように見えるんだけど、味と食感は焼きタラコに似ていてとーっても美味しい。マヨネーズとの相性抜群。

私は生のタラコが食べたいと思ったときには、これで少し気を紛らわせてるよw

 

 

f:id:Yueta:20170705154501j:plain

Fuet(フエ)

Fuetとは細長いドライソーセージのことで、カタルーニャ地方の名産品。まさにバルセロナの名物ですね。

この写真のFuetはベーシックなものなんだけど、他にも粗挽きコショウがまわりについているものなど種類も様々。

スペインはEmbutido(エンブティード)=ドライソーセージ がバラエティ豊富で、よく食前のちょっとしたタパスにチーズと一緒に出てきたり、ビールにもよく合うものばっかりなんですわ〜!

 

 

 

全部私のお気に入りですぞ。ランキング形式にしようと思ったけど、みんな優れすぎていて順位つけられなかったよw

こんな美味しいスペイン食のおかげで、日本食への恋しさをかなり紛らわせてることは言うまでもありません。

なんと言っても、私の中ではやっぱり日本食が一番なのでね。

 

 

 

Instagram: @fiestamos

Twitter: @yuispain

 

 

 

 

 

日本未上陸!スパニッシュブランド "natura"

¡HOLA! Yuiです。

先週は強風と共に3分くらい豪雨が多発するような日が何日か続き、夜も少し肌寒くて、「え〜っ!夏なのに寒い?!」なんて不安を抱いてみたんだけど、よく考えたらまだ7月にもなってなかったんだと思い、なぜかホッとした私だったのですw

 

そんな中ここスペインでは夏のセールが始まりだして、あちらこちらでRebajas(レバハス)=セール の文字を見かけるようになってきました。

スペイン発のファッションブランドと言えば、日本はもちろん世界的にも有名なZARAとか、LOEWEのような高級ブランドまで様々。

これらのブランドをお目当てに、スペイン旅行の目的の一つとしてショッピングをする予定がある人も多いはず。

だってやっぱりスペインのブランドなんだから、現地で買った方が安いに決まってるし!

でもせっかくスペインに来たんだから、日本では買えない、現地のショップでしか手に入らない物もゲットしたくないですか?

ということで、今回は私のお気に入り、日本未上陸の人気スパニッシュブランドをご紹介。

 

 

[ natura ]

f:id:Yueta:20170703175704j:plain

naturaはバルセロナで第1号店を開店したのちに、スペイン全土に広がり、現在に至ってはポルトガル、メキシコにもショップがある人気ブランド。

NGO団体と協力して、慈善事業にも力を入れているのが特徴。

naturaでお買い物をすると、その売上金が寄付される仕組みになっているそう。

素敵な取り組みですね。

 

 

f:id:Yueta:20170703175934j:plain

エスニック・サーフ・ヒッピー・BOHO系のテイストが好きな人は、絶対気に入ること間違いなし!

ブランドで言ったら、Ron Herman、Free People、Byron Bay発のSPELLとかに近い雰囲気。

 

 

 

f:id:Yueta:20170703175923j:plain

色柄ものはもちろん、シンプルなんだけどデザインや生地感に惹かれるようなアイテムが盛り沢山。

しかもお財布にも優しくて、大体どの商品も20〜30€くらい。

アクセサリーなんか、10€もしない物がほとんど!

 

 

f:id:Yueta:20170703175741j:plain

洋服だけじゃなくて、インテリア雑貨も取り扱ってるところもポイント。

スペインはカフェやレストランのデコレーション凝ってるな〜って思うことがよくあるから、雑貨系のセンスも抜群なんですわ。

ちなみにインポート商品も若干扱ってて、フェールラーベンのリュックとかも販売していたよ。

 

 

f:id:Yueta:20170703175820j:plain

この春夏にGETしたお供たち。

これからの時期にはもってこいな色〜っ!!

 

 

f:id:Yueta:20170703175834j:plain

リーズナブルな値段のせいで、毎回お店に足を運ぶたびについ買ってしまうアクセサリー。

向かって左のミサンガなんて、確か3€くらいだっだよ。

安いのに可愛いなんて、もうノックアウトですわ。

 

www.naturaselection.com

 

 

 

natura、要チェックブランドですよ!

スペインに来たら行ってみてちょ

 

Instagram: @fiestamos

Twitter: @yuispain

 

 

おしゃれ地区 "El Born" のピンチョバル

¡HOLA! Yuiです。

はじめましてということで、ちっと自己紹介をしようと思います。

スペインに住みはじめて、かれこれ今年の12月で2年。

まだ2年しか経ってないの!?って、自分的には思うんだけどw

まぁ2年も住んでいれば、現地のおっさんがサッカー観戦がてらに行くバーが行きつけになったり、ZARA以外のおシャンティーなスペインブランド見つけたりと、濃厚なスペインライフを送っているわけです。

 

ペネロペクルスの顔が好きで、情熱の国スペインというステレオタイプのみで初めてバルセロナに上陸したその日は今でも忘れません。

まさに「恋に落ちた・・・」いや、人じゃなくて街ねw

それからというもの、絶対いつかスペインに住んでやる!観光ビザの3ヶ月だけでもいいから居座ってみたい!

そう思い、気づけばバルセロナに住んでいるではありませんか。

こんな思いを抱いていたあの頃がほんとに懐かしい。

まさか、ほんとに住めるなんて夢にも思ってなかったからなぁ。

 

ということで、良いとこも悪いとこも2倍に感じるスペインライフですが、やっぱりとっても素敵な国。

そんな魅力満載のエスパーニャをみなさまにちょっとお裾分け。

旅行先に考えてる人、留学しようかと思っている人、フラメンコ大好き etc

参考になればなーっと思います。

 

 

 

自己紹介もすんだところで

記念すべく第1話目は、うちの近所にあるピンチョのバルをご紹介。

近所かよって?w 安心してください。近所って言っても、ビーサンでセブンに駆け込むような感じの場所ではないのでw

 

[ GOLFO de BIZKAIA ]

f:id:Yueta:20170629232504j:plain

El Born(エル・ボーン)という、バルセロナの中でもお洒落なバルやショップがたくさんある区域にあるこちらのバル。

ちょうど写真を撮ったときは平日の8時くらいで、まだ全然人がいなかったけど、時間帯や曜日によっては入れないこともあるお店。

 

 

f:id:Yueta:20170629232616j:plain

このバルは、バスク地方の料理がメインのSAGARDI Group(サガルディー・グループ)という、スペインをはじめ、ポルト、メキシコシティー、ブエノスアイレス、ロンドンなど、手広くやっているグループの中のひとつ。

 

 

f:id:Yueta:20170629232709j:plain

席についてまずは飲み物の注文を聞かれるんだけど、そのときに「ピンチョ用のお皿いる?」って聞かれるので、ピンチョ食べたいときはお皿をもらいましょう。

ちなみに、知ってる人も多いかと思うけど、食べ終わったピンチョに刺さってるつまようじは床とかに捨てないで、お皿の上にとっといてね。お会計のときに、いくつ食べたかウェイターが数を数えるからね。

スペインでこのシステムが通用するとは、未だに信じられない私。絶対つまようじポイッてしてる人とかいるよねw 

 

 

f:id:Yueta:20170629232730j:plain

スペイン語でメニューのことはCarta(カルタ)え?カルタ?って思った人いるはず。

そう、あのカルタと同じ呼び名。ここではちょっと意味が違ってくるんだけどね。

比較的覚えやすいでしょ? ちなみに日本語のカルタはポルトガル語が語源だそう・・・

それは置いといて、ピンチョ以外にも一品料理を注文することもできちゃうんですね。

今回写真はないんだけど、以前注文した蒸しムール貝とか、結構な量なのに10€くらいでめっちゃ美味しかったですわ。

 

 

f:id:Yueta:20170629232740j:plain

今回食したピンチョ達。

左からCabeza de cerdo(カベサ・デ・セルド):豚のあたま

キモイとか言って喰わず嫌いな人いるけど、なんでもかんでも食べてみたい私は大好物です。スペインは日本に負けず、結構ゲテモノ系食べるんですわ。

Queso roquefort (ケソ・ロケフォー):ブルーチーズ

やっぱりヨーロッパ来たなら美味しいチーズが食べたいよね。

どうやって調理してるのかわからないけど、このピンチョのブルーチーズは柔らかくて、ふわふわよりな食感。

Pimiento relleno(ピミエント・レジェーノ):パプリカの詰め物

ピミエント・レジェーノはタパスとしてもよく見かける一品。

中身の具はタラを詰めたものや、ミンチの肉が詰まってるものまで様々。

この写真のものはツナでした。

 

 

f:id:Yueta:20170629232753j:plainビールはEstrella Damm(エストレージャ・ダム)まさに、バルセロナのビール。

スペインは地方や行くバーによって、ビールの種類が変わることがあります。

こんなこと言ったらバルセロナの人にぶん殴られそうだけど、私はあんまりEstrella Dammのドラフトは好きじゃないw

キンキンに冷えたビンならまだ許すって感じ。偉そうにねw

ミゲルのビール好きのせいか、基本的にビールではじまりビールで終えられるようになった私。

二日酔いが軽い気がする。まぁ飲み過ぎれば話は別だけど。w

ということで、ビールの銘柄チェックは恒例にしていこうと思います!パンパカパーン

 

www.tripadvisor.com

 

 

 

Yuiのスペインブログ第1話目、楽しんでいただけたでしょうか?

3日坊主にならないように、まめに更新していきま〜す!

 

Instagram: @fiestamos

Twitter: @yuispain