fiestamos

YUi@Barcelona 美味しいタパスが食べれるバルをはじめ、人気のローカルショップやスポットなど、スペインについてあれこれ書いてまっす。

ランチ前のちょっと一杯

¡HOLA! Yuiです。

最近暑さのせいか寝つきが悪くて、朝起きるのがツライ今日この頃です。

今日も家の窓の取り替え工事をしに朝の8時半に業者が来るというので、眠気MAX全開の状態で待つこと30分。・・・来ない。

まぁこれは予想範囲内で、さらに待つこと30分。・・・やっぱり来ない。

昨日かかってきた確認の電話とやらは、一体何の為に存在するのか?と疑問に思いつつw

業者が来るまで外にも出れない状態だったから、仕事もあるし、あんまり時間がおされても困ると思い

「10時になっても来ないようなら、もう他の日にして。って大家に連絡して」とミゲルに言った直後。・・・やっと来た。 

着くやいなや、 1時間以上の遅れには触れることもなく

「荷物下ろしてから、俺らは朝ごはん食べに行って来るから」と言うではありませんか。

なにこのマイペースさ!w

別に朝食食べようが何しようが勝手だけど、日本だったらまずありえないだろうな〜、完全にお客さん怒っちゃうでしょって感じw

私自身も数年前ならきっとイラっとしていただろうけど、もう慣れたせいか1ミリも怒る気も起きず。

思っていたよりも時間にルーズな人が少ないスペインだけど、やっぱりこんな感じにマイペースな人もいるのねっと、改めて思った日でした。

 

さて、 そんなスペインでは、基本的に食事の時間帯が日本よりも2,3時間遅いんですね。

スペインのお昼は3時頃。しかも一日の中で一番量を多く食べるのがお昼ごはん。

休日であれば、お昼の前からビールと軽いつまみ(オリーブとかポテトチップス)で始めることもしばしば。

これがまた食欲をさらに増進させるんですわw

 

ということで今日は、お昼前に軽く一杯ビールを飲めるようなカフェテリア兼バルをご紹介。

ちなみにマドリッドではなかったけど、バルセロナだとバルでレストランではないのに、食事をする程で予約をしていないと入れないお店が結構あって驚いたんだよね。

ミゲルは、予約がなきゃビールもタパスも頼めないなんてありえない!って怒ってたw

 

 

 

[ LULU ]

f:id:Yueta:20170801190225j:plain

Estació de Françaのちょうど向かいの道にあるこのお店。

cafe bistro barと称してるが、私的には店の雰囲気とフードの感じとかからして、バーよりもCafetería(カフェテリア)=カフェ に近いと思っている。

フードはアボカドトーストとか軽食がメインだから、ブランチとかしに行くのに最適って感じ。

 

 

f:id:Yueta:20170801190252j:plain

店内は観葉植物とか花でデコレーションされていて、インスタ映えしそうな場所。

日本にもしあったら、朝活をする女子に大人気であろうと思うんだよね。

 

 

f:id:Yueta:20170801190318j:plain

カクテルの種類も豊富だから、ディナーの後にちょっと一杯で行くのもいいかもね。

もちろんコーヒーやティー系もあるから、食後に一杯コーヒーを飲みに行くなんてのもありだよね。

 

 

f:id:Yueta:20170801190334j:plain

恒例のビールチェック!

やっぱり今回もEstrella Dammでした。

この心地よい雰囲気で飲むと、ちょっと一味違うね〜!

 

 

f:id:Yueta:20170801190351j:plain

テラス席はそんなに大きくなくて、4人席のテーブルが4つあるくらいだったかな?

ピーク時に空いてる席があったら超ラッキー!

即座に座るべし!w

 

www.tripadvisor.com

 

 

 

ブログ以外の写真も載せてるよん

Instagram: @fiestamos

スペイン語で「今日のワンフレーズ」を随時更新中

Twitter: @yuispain

OMOTENASHI

¡HOLA! Yuiです。

先週は一回も更新できず、久々のアップデートになってしまいました。

と言うのも、実は日本から友達がバルセロナに遊びに来ていたんですね〜!

そう、ブログはそっちのけで、遊びに集中していたわけw

久しぶりに会う友達との会話は尽きることもなく、濃厚な一週間になりました。

その友達にもっとスペインのことを発信してほしいと言われ、ブログをやっていると言ったら

「ブログなんて読まへんし〜!インスタやろ今時っ!」というアドバイスをもらったので、これからはインスタにも力を入れていこうと思っている最中。

でもインスタとか嫌いな人もいるし、もちろんブログも今まで通り続けるけどね〜!

 

さて今日は、せっかく日本から来てくれた友達をどうしたら喜ばせられるか?

やっぱりローカルならではのいい場所に連れてかなければ!

その一心で選んだバルをご紹介。

みんな大満足で日本に帰っていきましたぜ。

 

 

 

[ Bastaix ]

f:id:Yueta:20170808172420j:plain

La catedral del marのちょうど裏側あたりにある、El Fossar de les Moreresという記念広場に沿ってあるこちらのバル。

その雰囲気のよさのせいか、予約なしでは空席がないこともしばしば。

 

 

f:id:Yueta:20170808172444j:plain

入るとすぐに、新鮮な野菜がズラッと並べられたオープンキッチンに目がいく。

2階建て+地下のつくりになっている。

 

 

f:id:Yueta:20170808172506j:plain

地下席へつづく階段の壁はワインの空き瓶でデコレーションされていて、オリジナル感満載!

 

 

f:id:Yueta:20170808172515j:plain

各席に置かれている、なが〜いキャンドルがとっても素敵。

壁が全て石造りで、めちゃくちゃ雰囲気がいいんですわ!

 

 

f:id:Yueta:20170808172535j:plain

メニューにはカタルーニャ地方の名産と言われてる、Pan con tomate(パン コン トマテ)の食べ方が可愛いイラストで説明されていたよ。

 

 

f:id:Yueta:20170808172556j:plain

Anchoas(アンチョアス)= アンチョビ

日本でもイタリアン料理なんかによく使われているよね。

写真上部にあるPan con tomateと一緒に、そのままパクッと食べるのが美味しい。

 

 

f:id:Yueta:20170808172610j:plain

Ceviche(セビーチェ)

きっと日本でも食べたことある人は多いハズ!

セビーチェはペルー料理なんだけど、ここスペインでも大人気の一品。

このセビーチェは、Corvina(コルビナ)= ニベ科の魚 で作られていたよ。

 

 

f:id:Yueta:20170808172633j:plain

名前忘れた・・・w 

牛肉のステーキ的な感じなものに、お好みでChimichurri(チミチュリー)というアルゼンチン発祥のソースをかけて頂くものでした。

言うまでもなく、うま〜っ!

 

 

f:id:Yueta:20170808172648j:plain

Huvos roto con jamón(ウエボス ロト コン ハモン)

ポテトの上に乗った半熟の目玉焼きを豪快に混ぜて食べるこちらの一品。

Jamón以外にもマッシュルームなど他の具材も選べるんだけど、やっぱり定番で一番おすすめなのはJamón。

ちなみにこちらはTrufa(トゥルファ)= トリュフ 入りで激ウマでした。

友達があまりに気に入ったので、思わずリピートしちゃったよね〜!

 

 

f:id:Yueta:20170808172703j:plain

恒例のビールチェック!

今回は私の大好物のコロナ。しかもこの小っちゃいバケツに氷が入ってるから、ぬるくならない!と思いきや、出てきたときから若干ぬるめでビックリw

まぁこんなこともあるということで・・・w

ちなみにスペインでは、コロナのことをCoronita(コロニータ)と呼ぶ人が多いよ。

理由は書くと長くなるからハショリますw

もちろんコロナ以外にも、Moritz(モーリッツ)っていうバルセロナ発のビールもあるよ。

 

 

f:id:Yueta:20170808172714j:plain

外を眺められるこの席は、2人掛けで早いもの勝ち。

いつも誰か座ってるんだけど、この日はディナー後ってこともあり空席だったよ。

日本にもしあったら、デートで行きたい場所の上位にランクインできそうな場所じゃない?w

ちなみにお会計もお財布に優しくて、ワイン2本頼んだのにも関わらず、一人たったの€23!

友達も喜んでくれて、申し分のないディナーになりました。

 

www.tripadvisor.com

 

 

 

ブログ以外の写真も載せてるよん

Instagram: @fiestamos

スペイン語で「今日のワンフレーズ」を随時更新中

Twitter: @yuispain

スペイン国民の強い味方!メルちゃんが愛される理由

¡HOLA! Yuiです。

経済危機真っ只中だった時期に比べ、かなり回復してきているスペイン。

ここバルセロナでも、あちらこちらで「求人募集」と書かれた紙を貼り付けた店などを見かけるようになってきた。

ミゲルいわく、店の入り口に直接貼って求人するってことはかなり急ぎらしい。

それでもまだ、Desempleo(デスエンプレオ)=失業者数 の高いスペインでは暮らしていくのでやっと、という環境の人も少なくはない。

そんな国民の強い味方、低価格・高品質で勝負するスーパーがあるんですね。

 

 

 

[ MERCADONA ]f:id:Yueta:20170727165715j:plain

Mercadona(メルカドーナ)とは、スペイン国内で1620店舗ものチェーン展開をしているスーパーマーケット。

2019年にはポルトガルにも進出する予定らしい。

Mercadonaの人気の最大のポイントは、何と言っても価格が安い!

その秘密はMarca Blanca(マルカ ブランカ)と呼ばれる、日本で言うとトップバリュ的な存在で、Mercadona独自のブランドで商品を作ることによってその価格帯でも勝負できているのですね。

 

 

f:id:Yueta:20170727165738j:plain

店内は日本となんら変わりなく、野菜コーナーやら肉コーナーやらで区別されている。

ここで一つ、欧米のスーパーではごく普通だけど、日本ではほとんど見かけることのないであろう野菜・果物の量り売り。

こんな風に買いたい野菜をビニールの袋に入れて量って、出てくるシールを袋に貼り付けるだけ。

これなら無駄なトレーの消費もないし、自分の好きな分だけ買えるからいいよね。

私の場合ミゲルと二人だし、いっぱい買ってもダメにしちゃうだけだから尚更ありがたい。

日本にもこうゆうスーパーが増えるといいよね!

 

 

f:id:Yueta:20170727165754j:plain

Mercadonaのオーナーの娘がグルテンフリーということもあり、グルテンフリーの食材が沢山売られていることでもよく知られている。

パスタ以外にもパンとかもグルテンフリーで売られていて、軽度の小麦粉アレルギー持ちな私にとってはまさに楽園のようなスーパーなのだ。

ちなみにSIN GULTEN(シン グルテン)と表示のあるものは全てグルテンフリーの商品。

グルテンフリー系に関しては、日本よりもスペインのが遥かに進んでいるなと思う今日この頃。

 

 

f:id:Yueta:20170727165806j:plain

私のMercadonaの好きなところは、他のスーパーでは見つけにくい食材などが手に入ること。

このキノアなんか、今でこそ結構いろんなスーパーでも見かけるようになったけど、スペインで人気が出始めた頃からMercadonaでは売っていたことを覚えている。

しかも、値段もしっかりお安くね。

 

 

f:id:Yueta:20170727205216j:plain

Panel(パネラ)とは精製されていない黒糖で、普通のブラウンシュガーよりもさらにナチュラルなもの。

南米では普通に親しまれていて、実は私も去年の11月にコロンビアに行ったときに初めて知ったんだよね。

まだスペインでは見たことないよな〜なんて思ってたら、なんとMercadonaで発売されてるではありませんか!

さすがメルさん。もう名前長いから勝手に省略w

こうゆう変なものをガンガン押し出してくる感じがとっても好き。

いつも思うけど、メルさんのオーナーって時代の先駆者だと思うんだよね。

このパネラとかさ、ナチュラル思考ブームを完全に読み取ってるよね。

 

 

f:id:Yueta:20170727165817j:plain

すし飯用の米とか別に最近では珍しくはないけど、もし日本米が食べたくなったときはこれを買うのがオススメ。

普通のスペインのお米に比べると高いけど、ジャポニカ米のモチっとした食感と甘さがしっかり味わえちゃうよ。

もしこのお米が見つからなかったら、Arroz redondo (アロース レドンド)っていう丸いお米も細長いインディカ米に比べればジャポニカ米に近い感じだよ。

 

 

f:id:Yueta:20170727165834j:plain

メルさんのすごいところは、コスメまで売っちゃってるとこなんですねー。

ミゲルママに「メルちゃんのコスメは値段の割にいい働きっぷりなのよ!一度使ってみな!」とオススメされ半信半疑で買ってみたけど、確かにかなりコスパのいいコスメであることは間違いなし!

日本で言ったらセザンヌ的な感じで、アイシャドウなんか1つ€3くらい。

絶対試してみる価値ありですぞ!スペイン土産に買ってみるのもアリかもね!

 

 

f:id:Yueta:20170727165844j:plain

スキンケア・ボディケア用品も充実しているメルちゃん。

先日のニュースで、なんと1本€100もするアイクリームが、同じ製造元で作っているMercadonaでは1本€5で売られているとスペイン中を揺るがせた。

これよくある話で、ラベルだけ変えられてあって中身は一緒ってやつだよね。

別に詐欺とかではなく、ブランドにそれだけお金を払ってるってだけのことなんだけどね。

まぁこのニュースの翌日からは、メルちゃんのアイクリームは完全に売り切れ御免状態ってのは言うまでもありません。

 

 

 

これだけ言うことなしなメルちゃんが愛されないわけがないよね。

今日も新商品を待ちわびながら、メルちゃんに出向いてこようと思いますw

 

 

 

ブログ以外の写真も載せてるよん

Instagram: @fiestamos

スペイン語で「今日のワンフレーズ」を随時更新中

Twitter: @yuispain

ちょっと待って!パエージャ?本当にそこで大丈夫?

¡HOLA! Yuiです。

以前も少しバルセロナのメトロ事情 - fiestamosで話したけど、去年の夏に日本に2週間くらい帰ってたんですね。

で、ミゲルのかねてからの希望で京都に行ったわけです。

やっぱり日本人から見ても、京都ってとっても素敵な場所だよね。

オレンジ色のランプの光に包まれた、夜の先斗町とかたまらない。

その先斗町をミゲルに見せたくて、散歩がてら軽いディナーができそうな場所を探していたわけ。

おや?あのお店、めっちゃ繁盛してない?すごい行列。

そんなことを思いつつ、お店の感じを覗き込んでみる。

・・・餃子

え?餃子?京都とか別に関係なくない?むしろ餃子って宇都宮でしょ?w

それもそのはず、列をなしていたのは全部外国人。

他にも長蛇の列があるのは、寿司をやたら売りにしているところ。

寿司かぁ・・・別に京都じゃなくても、どこでも美味しい寿司は食べれるのに・・・

 

そう、前回の帰国時にはミゲルといたから尚更なのか、この光景がとっても目についたんだよね。

でも気持ちはすっごく分かる。

だって異国の地で、記号にしか見えない文字で書かれたメニューを見ても何も頼めないよね。

おそらく、英語のメニューを用意してあるお店だっていっぱいあるはず。

でも写真と共にデカデカと書かれた"SUSHI"を見れば、安心感がゆえにそっちを選びたくもなるよね。

でもでもやっぱり京都にいるならば、美味しい京野菜とかおばんざいとか、ここでしか食べれないもの沢山あるのに〜!っと、思ったわけ。

 

と同時に、この現象って日本だけに限らず、世界中どこでも起こっているなぁっと思ったの。

特に観光客が密集するエリアなんかはそうだよね。

ここバルセロナでも、かなり観光客向けに作られているレストランがいっぱいあるんですわ。

ということで今日は、そうゆうレストランを危うく選んでしまわないように、3つのポイント別に話していきまっせ。

 

 

 

f:id:Yueta:20170724173421j:plain

この通りLa Rambla(ラ ランブラ)はバルセロナの中でも随一を誇るであろう観光客の多さで、並ぶレストランは基本的に全て観光客向けに作られている。

私はどのレストランも一度も入ったことないんだけど、それもそのはず、こんなに写真だらけで "パエージャ" とここぞとばかりに言われても、何の説得力もないからね。

立地はとってもよくて、大きなテラス席もあって雰囲気は抜群なはずなのに、勿体ないの一言。

 

気をつけるポイント!その1:Menu Tapa

スペイン語でMenuとはメニュー表ではなくセットメニューのことを指し、お昼のランチメニューとか、ディナーコースを頼むときもMenuが使われる。

もちろんその普通に使われている分には何にも問題ないんだけど、注意点は"Menu Tapa"

まさにこの写真みたいな感じで、3つのタパスとパエージャとドリンクまで付いちゃう!なんて、一見とってもお得そうに見えるよね。

いやいや、基本冷凍食品です。

と言うのも、ちゃんとしたレストランに行けば分かるけど、パエージャは最低2人前からしかオーダーをとってくれません。

時間も労力もかかるパエージャを1人前でさっと提供できるなんて、冷凍でしかないよね。

せっかくスペインに来たのに、冷凍のパエージャで終わるなんて悲惨すぎる。

 

 

f:id:Yueta:20170724173411j:plain

 気をつけるポイント!その2:Sangria

日本でも飲んだことがある人も多いはず、サングリアとはワインにりんごやオレンジなどのフルーツと、砂糖やラム酒などが加えられた飲み物。

お酒が苦手な人でも、ジュース感覚で飲めるような味わい。

でもこれ正直、現地のスペイン人が飲んでるとこを見たことがない。

ミゲルも「サングリアは外国人のためにあるようなもんだ」って言ってるくらい。

と言うのも、おそらく使ってるワインはめちゃくちゃ安くて超質の悪いものでしょう。

だってあれこれ色々混ぜちゃうから、ワインそのものの風味とかどうだっていいだろうしね。

サングリアの代わりにTinto de verano(ティント デ ベラーノ)という、赤ワインにサイダーみたいな甘い炭酸水やファンタレモンを混ぜた飲み物は、現地の人(特に女子)がよく飲んでいるよ。

Verano(ベラーノ)=夏 だから、この暑い時期にぬるいワインは飲みたくないなぁって感じで生まれたらしい。

 

 

f:id:Yueta:20170724173434j:plain

気をつけるポイントその3:PIZZA / PASTA

これは説明するまでもないかなぁとは思うけどw

まずピザとパスタはイタリア料理なわけで、看板で堂々とパエリアと並べるのには無理があるよね・・・

しかもこの写真に至っては、中華料理屋じゃんってw

もう何でもアリなのね〜

それでもお客は入るし、とりあえず売上げあればいいや〜みたいな感じで非常に残念。

ケバブのお店なんかもかなり多くて、なんだかなぁ〜って思うことが多々。

 

 

 

日本では普通のレストランでも写真付きのメニューとか結構当たり前だったりするけど、スペインでは基本それも危ういレストランの証。

観光客向けじゃないかもしれないけど、味は保証できないって感じかな。

このグルメな国で、本場の最高な味に出会えないなんて悲しすぎるからね!

 

 

 

Instagram: @fiestamos

Twitter: @yuispain

 

超絶マリンブルーなスペインのビーチ

¡HOLA! Yuiです。

2020年のオリンピックを目前に、人気観光地として急激にランキング上位に浮上しているという日本。

スペイン人の間でもかなりポピュラーで、私の知ってる限りでも、今年の夏だけで10人は日本に旅行に行くというくらい。

そんな中、先日とある記事を読んだんだけど、その内容は日本は高級ホテルが圧倒的に少ないって話。

その記事によると、観光地としてのびしろがあるのに、この高級ホテルの少なさではいいチャンスも逃してしまうと。

もっと話すと長くなりそうだから省略するけど、こうゆう問題も少しずつ改善して、観光業も潤えばなぁと思うよね。

 

詳しく知りたい人はここから飛んでね。

toyokeizai.net

 

そんな人気急上昇中の日本だけど、世界にはまだまだ強豪がいるのね。

その中の1つはもちろんスペイン。

私の住むバルセロナにいたっては、人気デスティネーションの常に1位、2位を争う首位にいる。

それもそのはず、気候が良い・食事が美味しい・そして物価が安い。っと、いいとこだらけなわけですよ。

しかも他のヨーロッパ国内の人からすれば、飛行機で2時間くらいで来れて、週末を自国で過ごすよりもよっぽど安上がりなんてことも。

そんな魅力満載のスペインだけど、なんと言っても海がとにかくキレイ!

結構いろんな国の有名なビーチ行ったけど、スペインのビーチは全然負けていませぬ。

やっぱりバケーションで来るなら、海が欠かせないよね?なんて思うのは私だけ?w

ということで、このあっつ〜い夏を楽しく乗り切れる、スペインのオススメのビーチを今日はご紹介。

 

 

 

[ Caló des Moro ]

f:id:Yueta:20170720171710j:plain

マヨルカ島の首都パルマから、車で約1時間程の場所にあるCaló des Moro。

でも実はこれ、車で1時間って言ってもちょっと裏があってね。

ある程度近くまでは車で行けるんだけど、そこから海までは歩きのみでしか辿り着けないという。

しかもこの道がちょっと複雑で、行き先を示してくれるサインも特になく、何となくこっちかな〜?みたいな感じで、かなりワイルドな道を進んで行く。

すると、崖っぷちギリギリなとこに着いてみたりw

でもそのおかげで、この写真の絶景が見渡せるんだけどね!

 

 

f:id:Yueta:20170720173558j:plain

普通のPlaya(プラーヤ)=海 に比べるとかなり小さめで、私の行った時期はまだ6月の終盤でハイシーズンでもないのに、砂浜の寝そべるスポットを探すのに少し苦労したことを覚えている。

でも行く価値は絶対にアリ!

映画The Beachに出てくるタイのマヤベイを思い出させるような、超自然の中にある楽園を見つけたような気分にさせてくれるよ。

 

www.tripadvisor.com

 

 

[ Cala Comte ] 

f:id:Yueta:20170720171912j:plain

Fiesta(フィエスタ)=パーティー の聖地でよく知られているイビサ島ですが、実はめっちゃくちゃ綺麗なビーチだらけなんですね。そりゃあ世界各国からの観光客で賑わうわけだわ。

その中でもかなり人気度が高いCala Comte。正直、いつも人でいっぱいです。

ちなみにCala(カラ)とは、Playaよりも小さい海のことを指すよ。

でも見て!この真っ青なと言うかマリンブルーって言うか、とにかく「ウワァ〜!」ってなる海の美しさ。

これはイビサに来たなら見逃せないでしょ。

 

 

f:id:Yueta:20170720172649j:plain

ちなみに水に入っちゃえば、そんなに人が多いことも気にならないかなって感じ。

ほんとに水の透明度がハンパない!しかも波もなく穏やかで、一生浮かんでられるような気持ちよさ。

 

 

f:id:Yueta:20170721170838j:plain

近くにはオシャンなChiringuito(チリンギート)=ビーチバー などもあるから、一日中ここで時間を過ごせちゃうよ。

この眺めで飲むキンキンに冷えたビールは、格別にうまいんですわ〜!

 

www.tripadvisor.com

 

 

[ Playa de Ses Illetes ]

f:id:Yueta:20170720171533j:plain

数あるスペインの島の中でも最小のフォルメンテラ島にあるこのビーチ。

イビサ島からクルーザーを借りて、2時間もしないくらいだったかな?で到着。

まぁ悲惨でしたw イメージではまさにピットブルのPVに出てくる感じで、ビールと共に音楽を聞きながらはしゃぐだったんだけど、完全に船酔いプラス二日酔いw 

こんなにも到着を待ちわびたのは生まれて初めてでしたわ。

 

そんな不調なまま上陸したPlaya de Ses Illetes。

いやー、この美しさを目にしたら一気に快調。とりあえずよかった、まだ生きているw

なぜか他の写真が見つからず、この若干美しさが伝わりづらい写真のみということは悪しからず。

今回紹介した他の2つはCalaだったから尚更だけど、このPlayaはとにかく広いから、いくら人が多くても全然気にならず。

しかも周辺にはあの有名なクラブPachaのレストランや、美味しいイカスミのパエージャが食べれるような場所もあるよ。

 

www.tripadvisor.com

 

 

 

スペインに旅行に来ちゃいたくなっちゃったでしょ?

これは生きてるうちに見とかな損よw

次回の旅行先はこれでもう決まりね。へへへ

 

 

 

Instagram : @fiestamos

Twitter: @yuispain

バルセロナのメトロ事情

¡HOLA! Yuiです。

そういえば、ちょうど去年の今頃日本に帰っていた私とミゲル。

羽田空港の国際線の本数がかなり増えたおかげで、地元の神奈川に帰るのがだいぶラクになったなぁっと思うのよ。

と言うのも、以前は安い航空券だと基本は成田着。遠いんですわ、私の地元からだと。

新幹線でピューって行っちゃえば早いけど、ちょっと節約になるかなっと思って普通電車(成田エクスプレスも抜き)で帰ってみたことがあってね。

地獄でしたw 行き先は新宿だったのに、ムダに3時間半くらいかかった。そして、もう二度としないと誓ったあの日。

でも実はこれ、Wi-Fiなしの環境で、電車の路面図を頼りにたどり着けると思い込んだ私のせい。

でもちょっと言い訳をしたい私・・・

 日本って公共の交通機関がとっても便利なイメージだけど、あまりにも何線とかいっぱいありすぎて結構迷ったりしたことない?!

1つの路線で違う方向に行く電車が通ったりとか、これ絶対乗り間違えたことみんなあるよね?!

しかも、電車を待つ立ち位置をテープで記してあったりするでしょ。あれなんか、いっぱい貼られすぎて何が何だかわからない状態w

外国人のミゲルからすると、情報量が多すぎてごちゃごちゃしてて分かりづらいらしい。

いや、私でも分からないくらいだから当たり前だよね。

もうNAVITIMEなしでは、乗り換えとか不可能ですって感じw

 

この複雑な日本の電車やメトロと比較するとめっちゃシンプルなバルセロナのメトロだけど、やっぱり外国だから日本語の表記も一切なかったり、少し不安になったりするよね。

ということで今日は、バルセロナのメトロについてちょいとお話していきます。 

 

 

 

f:id:Yueta:20170718163116j:plain

 改札入り口。

向かって手前に切符さしこみ口があって、上から出てくる仕組み。

ちなみに、切符を抜き取るまで扉は開きません。この辺、日本とは違うよね。

でもこっちの方が、切符抜き忘れることがなくていいなって思わない?

よく日本に来た外国人が切符を抜き忘れたせいで、到着先の改札で出れないことがあるって言うしね。

日本人の私でさえも忘れることあるくらいだもんw そりゃあ異国の地から来たなら、なおさらだよね。

 

 

f:id:Yueta:20170718163137j:plain

簡単な路線図。

これは日本もこんな感じだよね。行く方向に向かって色が付けられているから、とっても分かりやすい。

今回はL4(リネア クアトロ)のTrinitat Nova行きに乗ったから、色は黄色。

乗り換えがあるときもどこの駅ですればいいか書いてあるから、私みたいに電車系オンチでも迷うことなく目的地にたどり着けるよw

 

 

f:id:Yueta:20170718163202j:plain

車内はこんな感じ。

正直バルセロナのメトロは、マドリッドのメトロに比べて古くて汚い。

マドリッドのメトロは椅子もプラスチックじゃなくて、日本みたいなフカフカしてる椅子だしね。

スペインはスリが多いから、特にメトロの車内に人がいっぱいいるときなんかは狙われやすいから、本当に要注意!!!

カバンは自分の手前に抱えるようにして持つように!!!

 

 

f:id:Yueta:20170718163209j:plain

次の到着駅が点滅して消える仕組み。

え、普通逆じゃない?って感じだけど、バルセロナはこうらしいw

もちろん、車内アナウンスでも「次の駅は〜 」って言ってくれるからご安心を。

 

 

f:id:Yueta:20170718163226j:plain

出入り口のレバー。

下から上に押し上げて開ける仕組み。

これは基本全自動な日本とはまた違うけど、別に不便さは一切感じたことはないかな。

ちなみに、もっと新しいタイプのメトロは押しボタン式になってるよ。

自分で開けない限り、下車できないからご注意をw

 

 

f:id:Yueta:20170718163240j:plain

Sortidaと書いてるのが出口の意味。

バルセロナは、あらゆる所での標識が基本カタルーニャ語で記されているよ。

私はカタルーニャ語は喋れないけど、基本スペイン語に似てるから特に困ったことはありませぬ。

ちなみに、バルセロナの人はみんなスペイン語も喋れるから、カタルーニャ語知らなくても何の問題もなく生活できるよ。

 

 

f:id:Yueta:20170718163252j:plain

改札出口。

この緑の矢印が付いているところは、出れますよってサイン。

他に赤で×印が付いてるところは入り口で、出口側からは扉が開かないから気をつけてね。

 

 

 

とある番組でスリを探し出すことをしてたんだけど、捕まった一人のおっさん(スリのみで生計を立てている)いわく、日本人はかなりいいターゲットらしい。

バルセロナのメトロ内でも日本語のアナウンスで「スリにご注意を」って言っているくらいだから、本当に念には念を押すようだけど、所有物には気をつけてね。

スマホをケツポケに入れるのもアカンですよ!気をつけて!!!

せっかくの旅行の思い出をイヤな気分で終わらしたくないからね。

 

 

 

Instagram: @fiestamos

Twitter: @yuispain

ストリートフードな気分

 ¡HOLA! Yuiです。

先日うれしいニュースを耳にしたので、みなさまにもご報告。

なんと、スペインー日本間でのワーキングホリデーが今年から始まるそうです〜!イェーイッ!

ちょっとこれ、かなり朗報じゃない?!

私自身かれこれ4年は前になるけど、オーストラリアにワーホリで行った経験があってね。

ぶっちゃけ、オーストラリアとか全然興味なかったんだけど、渡豪経験のある友達にゴリ押しされて行ったんだよね。

あの当時スペインにワーホリで来れたなら、オーストラリアなんてそっちのけでスペインに来てたなw

まぁでも、オーストラリアに行ったおかげでミゲルに出会えたからいいんだけどね。エヘッ

それはともかく、このワーホリでスペインに来れれば、1年も滞在できちゃうんだよ。

スペイン語を学びたい人、本場のフラメンコ見てみたい人、なんでもいいけどこんなチャンスは中々ありませんぞ!

500人募集の予定で、7月から申請開始みたいだよ。

マジで気になる人は要チェケラッチョ

ワーキング・ホリデービザ

 

ワーホリの話で興奮がおさまらない私はさておき、以前

日本食への恋しさを吹っ飛ばす!スペインの○○たち - fiestamosでも少し話してるけど、スペイン食ってやっぱ絶品よね。

私は和食がやっぱり一番だけど、その座を奪ってしまうのではないかと思うくらいスペイン料理も美味しい。

でも、やっぱりたまには違うものも食べたいよね。

イタリアンとかフレンチが食べたくなるのと同じで、私の場合はメキシカンやTex Mexが食べたくなる。

ということで今回は、私のお気に入りのストリートフードが食べれるお店をご紹介。

 

 

 

[ PISAMORENA ]

f:id:Yueta:20170713181027j:plain

Bocadillo(ボカディージョ)=スパニッシュサンドウィッチ をはじめ、ハンバーガーなど、ちょっとつまめる一品料理まで、カジュアルなストリートフードが味わえるお店。

中はそんなに広くなくて、2人席のテーブルが2つあるのみ。

でもスペインは立ち飲みする文化だから、混んでてテーブルが空いてなくても立ち飲みで居座る人もよく見かけるよ。

 

 

f:id:Yueta:20170713181014j:plain

トイレに行こうかと中に入ると、スペインを代表する画家ピカソをはじめ、ガンジーやデヴィット・ボウイなどの著名人のグラフィックイラスト(ちょっとなんて呼ぶのかわかないけどw)のデコレーションに思わず足を止めてしまうよ。

 

  

f:id:Yueta:20170713181009j:plain

Nachos(ナチョス)

Tex Mexの定番ですね。トルティージャチップスの上に、チーズ・グワカモーレ・トマトなどの具材がどっさりのっている一品。

肉の種類を選べるということで、今回はCerdo(セルド)=豚肉 をチョイス。

 この量で€7もしなかったかな?美味しくて値段もいいなんて、文句なしっす。

 

 

f:id:Yueta:20170713180951j:plain

Alitas de pollo(アリータス デ ポジョ)=チキンウィング

ハニーマスタードのSalsa(サルサ)=ソース が添えられていて、お好みでサルサをつけて食べる感じ。

量も多すぎず、ちょっとつまみたい時には最適な一品。

 

 

f:id:Yueta:20170713180941j:plain

さて、恒例のビールチェック。

やっぱりEstrella Dammでした。でもめっちゃ冷えてて美味しかった〜っ!

もちろんビールの他にもカクテルの種類も豊富みたいだから、頼んでみる価値アリよ。

 

 

f:id:Yueta:20170713181043j:plain

Terraza(テラサ)=テラス席 もあるから、夏の夕方とか、お昼前にちょっと一杯飲みに行くのにもオススメ。

 

www.tripadvisor.com

 

 

 

ストリートフードを味わうなら、やっぱココっす。

行ってみてちょ。

 

 

 

Instagram: @fiestamos

Twitter: @yuispain